三宝禅とは

禅は宗教でもなく、思想でもなく、倫理や哲学でもありません。

禅は直接的具体的な体験を通して「本当の自分」、「真の自己」を発見し、絶対に揺るがない心の平安を追求する自己発見、人格形成の修行です。そのためには、正しい禅の指導者による指導と規律に基づく坐禅の実践が不可欠です。

三宝禅は、この「正しい禅指導者による正しい禅」を日本のみならず国際的に普及するために日本の鎌倉を拠点として設立された宗教法人です。対象は在家の方々ですが、曹洞宗と臨済宗の正統な教えをそれぞれ受け継ぎ、「禅の原点」を追求していると言えます。

「真の自己」を直接体験的に発見することを「見性」といいますが、三宝禅ではこの「見性」体験とそれを日常生活の中で体現し人格化することを最も重要視しています。

この直接的自己発見の体験は 2450 年前インドに実在した釈迦牟尼仏(ゴータマ・シッダルータ)によって成し遂げられて以来、インドから中国、そして日本、今ではその他世界の多くの地域に伝えられてきました。

三宝禅の使命はゴータマ・シッダルタの直接体験により発見された「真の自己」の世界を、ゴータマ・シッダルタと同じ体験を通して世界に流布すること、と言うことができます

「見性」は民族や教義、宗教的背景に依存しません。三宝禅のコミュニティは、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、オーストラリアまで世界中に広がっています。

三宝禅インターナショナルは、このコミュニティを強化し、「本物の禅」の実践をさらに広めるために設立されました。

鎌倉の三雲禅堂で参禅したい方は、👉こちらを参照してください。